がん免疫治療:北大が新ワクチン 2細胞を同時に活性化 – 毎日新聞


北海道新聞
がん免疫治療:北大が新ワクチン 2細胞を同時に活性化
毎日新聞
がんの免疫治療法で、免疫細胞として知られる「ヘルパーT細胞」と「キラーT細胞」を同時に活性化させるワクチンを、北海道大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授(免疫学)ら研究グループが開発した。二つの働きをともに高めることで免疫力を増強させることができると
新型がんワクチンが効果 臨床試験で北大グループ47NEWS
悪性乳がん細胞が消失=人工ペプチドで免疫活性化-北海道大など時事通信
がん攻撃細胞2種を同時活性化 北大チームが新ワクチン 免疫増強、がん消失例も北海道新聞
日本経済新聞 (プレスリリース)
all 28 news articles »

via がん免疫治療:北大が新ワクチン 2細胞を同時に活性化 – 毎日新聞
form Sci/Tech – Google News

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>